モビットのお借入診断と本審査の結果が違うこともある

モビット審査の公式ホームページにあるお借入れ診断、ここでは借入が可能かどうかを簡単に診断することができます。
・生年月日
・税込み年収
・現在の他社からの借り入れ金額
この3つの項目を入力するだけで簡易的な審査が行われます。
個人情報を入力することもありませんので誰でも試してみることができます。

生年月日は申し込み対象年齢に入っていることを確認するためでしょう。
他社からの借入金額には住宅ローン、自動車ローン、銀行カードローン、クレジットカードのショッピングは含まないという注意書きがあるため、ここには消費者金融からの借入金額だけを入力します。
モビットは消費者金融であり総量規制の対象になります。
そのため、年収と他社からの借り入れ金額を確認し、総量規制の対象つまり借り入れ総額が年収の3分の1に抑えられていることを確認するためのものでしょう。
こうして見てみると年齢と総量規制の範囲を確認するためにあるのがお借入れ診断だろうということが推測できます。

本審査と結果が違うことがあります。
総量規制の範囲であることを確認するのがお借入れ診断の目的であれば、実際の申し込み書に記入した内容や個人信用情報機関に照会した情報によっては審査には通らないということも考えられないことではありません。
全ての結果をお借入れ診断に頼ることはできません。
これからの審査に影響をする大きなものは、過去と現在、堅実な債務を行ってきたのかということになるでしょう。